立花孝志氏とNHKから国民を守る党(N国党)の問題点を考えるサイト

立花孝志氏とN国党の問題点を指摘するわかりやすい動画・ブログ等の紹介 ページ

主筆:謎の管理人

立花孝志氏や彼の率いる党について、特にするどい分析とわかりやすい説明を発信されている方々を紹介するページです。

 

まだまだ準備は整いませんが、とりあえずこのコンテンツは、みておいてほしいというものを貼っておきます。

 

どんどん充実させていきたいと考えています。
下にゲストブック(無料ホームページのJimdoで使える、コメント欄のようなものです。~チャンネルのようにニックネームでコメだけできます)に、ご提案など、およせいただけると、うれしいです。

こちらから・・・

もし、お知り合い・ご親族の方に「N国党ってどう?」って聞かれたら、こちらの動画をみてもらえれば早いと思います。ツイッターのツイートに張られている動画です。

 

N国のことがよくわかる動画を紹介したツイートはこちらをクリック

 

ツイッターアカウントをお持ちでない方は、こちらのユーチューブ動画をどうぞ。

 編集に多少問題がありますが、もっとよいものが出れば入れ替えていく予定です。

(また、れいわが嫌いな方には、山本氏が最後に出てきておもしろくないかもしれませんが、それは、見ないようにして流してください。)

こちらのtogetter(関連のツイートを集めたページ)もよくまとまっています。

ただし、不快な動画ばかりですので閲覧注意です。


その前に・・・

私自身の考えていることも、少しだけ・・・

 

NHKのシステムに問題があるのは確か。

 

それでも、反対者に対して支持者たちにもはたらきかけSNS等で攻撃する、という手段をとる。

 

そういう手法(いわゆるネットリンチ〔リンチの訳語が 「私刑」です)は許せないものでありますし、そういう手法で、のびてくところがあるのは、なんとかおさまってくれないか。

・・・というのが、私の思っているところです。

苦言を呈(てい)した同僚の葛飾区議に対する立花氏ご本人、および支持者たちの攻撃も恐ろしいものでありましたし(ただし、この件に関しては同葛飾区議にも大いに問題あり)・・・

つい先日、話題になった党費130万円払わない党員に対しては除名、プラスして徹底的にたたく(立花氏が何と言おうとも、一部の支持者たちはこれを受けて徹底的にからみますし、立花氏もそれは知ったことではないとは、さすがに言えないでしょう。)。

 

 しかし、私の掲(かか)げる問題点に関し、この130万円について同党の区議(市議)さんたちから心ある意見発信が次々と上がりました。

 

立花代表は、「(ネットなどでも)徹底的にたたく」と明言しているので、代表の意思に反する内容ととれることなのですが、それでも堂々と意見を発信することに敬意を表しますし、何より、私自身このような意見発信をみて、とても心が救われたので、ここに紹介します。

新宿区議 松田みき さん

党を離れていくことになった人たちにSNS等で攻撃している人に対し、党の内外を問わず、そういう人たちは「とても不愉快(ふゆかい)です」。と、力強く述べられています。

 

とても、すてきです。

 


習志野市議 宮城さん

船橋市議 小川さん

(2:25)離党者に対し、自らSNSで攻撃することもないし、そういう行動を支持することもない。

 

立派だな、と最初は思いましたが、私もN国を追ってて少しマヒしていたようで、いい大人なんだからそんなのあたりまえですね。

 

ありゃりゃ・・・いつの間にか消してしまったようです。


渋谷市議 金子やすゆき さん

あくまで私個人の見解ですが、心あり見識も高く、すばらしい意見発信です。


反対者に対し、支持者にSNSでの攻撃を呼び掛けるという手法(同代表が、何と言おうとも結局そういうことですし、具体的に動画で呼びかけたことも多々あります)に、嫌悪感を持つ方が党内にもいるということです。

 

しかし、冷静に考えてみると、ちがいますね。

 

この方々も、少なくともこの党に所属している以上、同種とみなされるでしょうし、みなされるべきでしょう。

 

同党代表が、何度も動画で明言しています。

「わが党の強みは『情報収集力』と『情報発信力』である。」と。

 

『情報収集力』とは、同党や同代表を否定する意見発信をする者の個人情報を特定すること(ネットの世界では「特定厨(とくていちゅう)」というそうです)。

 

『情報発信力』とは、同党代表が気に入らない者を動画でさらすと、支持者たちがその相手に嫌がらせをすること。(支持者たちが呼びかけに応じ〔あるいは自主的に〕すぐこのような行動を起こすのは「信者」とも呼べるべきものであるし、同団体をカルトと形容する人が多いのはこのためです。)

 

実質的にこのような意味でしょうし、そのように機能していることも残念ながら事実だと思われます。

 

その党員である以上、自分は違う、ということにはならないでしょう。

 

この団体を応援する人も、自分が「ネットリンチに加担する、あるいはおもしろがってみている」人種の一人と(世間一般の常識でいえば)みなされ得ることを、どうか、よく理解してください。

もともとは、NHKのスクランブル放送導入に賛成でN国党を支持していた方の動画です。
参考にどうぞ。


 つい最近も離党者に対し、動画のタイトルにその方の電話番号や住所をのせ、カルト的な支持者(一般的には「信者」と形容されていうようです)たちに嫌がらせを促(うなが)すものをあげていました。

 その動画自体はユーチューブ側が、その悪質性からすぐ削除したようですが、そのいきさつは様々なところに残っていますので、そちらでご確認ください。

 

この件に関しましては、弁護士の先生がわかりやすくブログ(ノート)にまとめてくださいましたので、そちらも紹介しておきます。



注目の発信者

ただ今、編集中です。折をみて、説明・リンクなど補っていきます。(ボチボチまとめていきます。作業は遅いでしょうが、お許しください。)

「きよねこ」さん



「山本太郎(仮)」さん

こちらからの視点も絶対に必要です。
この名前のままでは、おすすめしずらいですが、本人も3か月たったら名前を変えるとおっしゃってくれているので(R1年8月現在)、もう少し待ちましょう。

「べつきどん@過疎配信者」さん

「えらてん」さん

えらてんさん。ツイートから・・・

あのね、「俺のうちに迷惑行為がくるのがいやだから」反対してるわけじゃなくて、「国政政党を批判したら迷惑行為をされる世の中」になるのが嫌だからN国批判してるの。


ここでいったん、N国党の問題点を12個にしぼってまとめてみましょう。

各論点については、私などはたいした知識を持っておりませんので、下にわかりやすいブログ・ユーチューブ動画資料を、その下に紹介しております(これが、このページの主旨です)。

 

この12個(さらにまとめて3個)のカテゴライズが、反N国対策のプラスになることを切に願っていますので、カテゴリーの分け方やあるいは順序的な問題がありましたら、どしどし、ご意見ください。
使いやすいものになるよう、精査していきます。

① 「(かの党曰く)私人逮捕」という手法

松戸市議選、堺市長選、など、同党の地方選挙の利用のしかたに、問題点を感じる人は多々います。

かの党は、それを許しません。(一般的な政治団体なら、それも織り込み済みで適切に対処します。)

この党は、それをユーチューブ再生数アップのネタにすることを、第一に考えます。

柏市議選:「嘘つき」とヤジをとばした初老男性を、N国党員が集団で追いかけまわし、最終的に取り囲んでいる光景。
柏市議選:「嘘つき」とヤジをとばした初老男性を、N国党員が集団で追いかけまわし、最終的に取り囲んでいる光景。

② 摂津市 渡辺議員に対する名誉毀損など

結局、同党代表側が裁判で負けたので、どちらに正義があったのかは明らかなのですが、

 

同党代表は裁判の過程で、渡辺市議に対する、みるに堪えない(ここで内容を紹介するのさえ、はばかられる)マイナーキャンペーンを、ユーチューブ動画で積極的に公開していました。

 

中には同市議だけでなく、そのご家族の感情を害されるようにとられた動画もありました。

 

 

さらに参議院議員になった今では、マツコ・デラックスさんなど、著名な有名人に攻撃を仕掛けています。

問題なのは・・・渡辺市議の例でも明らかなように、仮に裁判に持ち込まれたら負けるでしょう。
しかし、同党首のメンタリティは負けても賠償金払えばいいだけの話。さらに、国会議員になりその報酬で、金銭的な心配も薄くなった、

・・・どころか・・・マツコさんに対する扇情的な動画をあげることによって、ユーチューブ動画広告収入でも十分もとがとれる、というところに、いってしまいました。

残念な時代になってしまったものです。

③ 足立区議選

私がどうこう言うまでもなく、多くの有識者がこの件に関し、N国代表のいってることがいかにでたらめで、民主主義に対する冒(ぼう)とくであるかということに関し、意見発信をしてくれています。

いずれ、そのまとめページも準備するつもりです。

ただし、有識者の見解を聞くまでもなく、ふつうにあれは・・・

という、ところでしょう。

 

と、思っていたら、見事なユーチューブ動画が上がってきました。
専門家の意見も、かみくだきわかりやすく説明してくれて、とてもすばらしい動画です。

どこらへんが、すばらしいかを、わたしなりに補足すると。

 

①議員のなり手がいないようないわゆる過疎地域を除いて、「地方議員選の居住要件」に不満を持っている人なんて、ほとんどいません。それどころか、ふつうの人ならば、それが望ましいこととふつうに思うことです。
同党の選挙戦術として「主要駅を複数持つ、そこそこの大都市」が票をとりやすいところなので、居住要件ギリギリで引っ越しは日常茶飯事です。
N国および、その支持者には、(一般人には考えられないことですが、)居住要件はじゃまだと思っている、
この点に、しっかりふれていること。

 

②そもそも(憲法的な解釈はおいておくとしても)、この居住要件が、N国のようなものが力を伸ばしていくのに歯止めとして役立っているという指摘。(確かに、地方議会選挙に居住要件がなければ、N国はもっと地方議会の議席を伸ばしていたでしょう。)

 

④ 同党代表の法律は守らなくていい(罰則がなければ何をしてもいい)というスタンスについて

端的な例として、NHK受信料裁判に訴えられた相談者に対し、家族の別の者の名義で契約をさせ直し、その後、不払いさせることをやっております。(NHKとしては、受信料契約ができたということで、当然裁判を取り下げていますが、同代表はそれを裁判に勝ったとアジテーションし、同党支持者にはなぜかそれで、スゴいと思えるようです。)

もちろん相談者にとっては、債権が残るだけでなんの解決にもなっていないことは明らかです。

それでも、自分がそれでいいというなら第三者が口をはさむことではありませんが、今後が心配されます。
(なお、ホテル裁判にしても、はたからみていると事業所割合を放棄している分、マイナスになっているだけではないか?と思いますが、同党代表によると、今後不払いするから、こちら(N国側)の「勝ち」だそうです。
同代表は「訴えられたら、そのときはしょうがないから払えばいい」といってますが、今後これらのホテルがNHK裁判の標的にされる可能性も十分にあり、めちゃくちゃだと思います。

もっとも、この件は当ホテルオーナーさんたちの自己責任という要素も強いので、ここではスルーとしましょう)

 

 

また、仮に訴えられたとしても刑事ではなく民事、しかも賠償なんかたかが知れてる、という論拠で心ない肖像権侵害を繰り返したり、取り締まる規定がないことをいいことに信者たちにネットリンチを呼び掛けるなど、その方面の問題も多いように思います。(この②の項目は、2つに分けて、こちらの問題点をもっとほりさげるべきかもしれません。ご意見お待ちしています。)

⑤ NHKに有利な判例を多々与えていること。また同党の活動がNHKをつぶす、あるいはNHKの改善にプラスにはたらいているようには、とうてい思えないという意見が多々あることについて

ワンセグ裁判はいうまでもなく、カーナビ裁判も何なんでしょう。

(彼らの理屈では、NHKはこんなにひどいことを世間に知らしめるため、ということで、信者さんたちも納得しているようです。)

 

 カーナビ裁判に関して言えば、あれは「受信機としてカーナビだけを有する『世帯』への契約義務」の判例であり、それが彼らの言うように、カーナビ全般、ましてや公共の消防車・救急車などの緊急車両のカーナビはまったく関係ないのではないか?というのが私の印象です。
 それを同団体は「緊急車両のカーナビからも受信料をとらないとおかしい」という、私には理解不能なアジテーションに使っているようです。

 

 もっとも、専門家でない私などの法律知識では、わからないことの方が多いので、有識者の方の見解も広く集められれば、と思っています。

⑥ ヘイト議員の誕生に大きく貢献

4月の統一地方選で、N国公認で、極右や極端な嫌韓思想の地方議員が誕生しました。

(なお、これらの議員さんたちは、とうに離党しております)

 

人によっては、これを大きく問題視している人も多いようです。

 

私個人としては、そこまででもないです。

 

ただし、同党代表がそういう候補者に公認を与えたことに対する批判に対し、

「そんなことは、知ったこっちゃない。偏ったヤツが出ていってくれてせいせいした。」

というのは、あまりにも無責任に感じました。

⑦ 葛飾区 住民訴訟

これも、よくわかりませんね。

仮に百歩譲って、同代表の理屈が正しくその主張の方向に話が進んだとしても(そんなことはあり得ませんが)、そんなの受信料が下がる前に市県民税が上がっちゃうだろう、というのが私の印象です。

 

もっとも、この訴訟の結果はいずれ同代表自身に帰ってくるでしょう。

⑧ 山口真帆さん 問題

特集ページをつくっております。

⑨ 選挙ウォッチャーちだい氏に対する、信者も巻き込んだ執拗(しつよう)なヘイト活動

自身らに批判的な者に、標的を定め信者らも巻き込み執拗に攻撃。

さらに、そのいやがらせのさまを動画におさめ公開し、再生数アップのためのネタにする。

 

これこそ悪質だと思いますが、被害者の「ちだい氏」自身、これから反訴および名誉毀損での提訴などの法的処置をとっていくでしょうから、それを見守りましょう。

 

 

これが問題なのは、同党党首のねらい通り、ちだい氏以外に真っ向から問題点を指摘するジャーナリストが、いまだ出てこないことにあります。

何をしたくて、ジャーナリストなのでしょうか?

⑩ 「おしっこ配信おねだり」などに象徴される同党代表の人間性

これも、いくらでもひどい話はあるようです。

 

このテーマこそ、誰かくわしい人がいらっしゃましたら、まとめてもらえないでしょうか?

このページとタイアップしていきましょう。

⑪ いじめ(ヘイト)動画で一部の人の人気を稼ぎ、勢力を伸ばしてきた同党の存在そのもの

そもそも、NHKを悪者(犯罪詐欺集団)とレッテルを張り、悪い奴には何をしてもいいい、というスタンスで出てきた団体でしょう。

 

NHKにも、多々、問題はあるでしょうが、それとこの団体とは別問題だと個人的には思います。

⑫ その他

まだまだあると思います。みなさんのご意見をお待ちしています。


さらにこれらの論点は、大きく3つにまとめられます。

① かの団体はNHK問題の解決に、実際、何か関係あるのか?

② 信者とも表現されることの多い同党支持者たちのカルト性

③ 同団体代表の特異な人間性



ブログ資料

ここでは主に参院選前から、かの団体の問題点を訴えていたものを紹介します。

私自身の知識はほとんどないので、代わりに専門的な分析をしているブログなどを紹介していきます。

(紹介画像、あるいはアンダーライン部分でページにご案内します。)


元・東京都北区議会議員の方です。

「吉岡 慶太」さん

「特定の政党への批判および候補者の個人攻撃はしない主義。ただし、政策討論となるべく政策、戦略面でおかしいと感じる点は指摘させていただきます。」(本人のツイッターより)

 

その通りのお考えの持ち主だろうと、思います。

 

このブログも相手を特定せず、なおかつ、「まろやかに」、かの党の政策や知名度を上げてきた手段について、的確に、かつ、厳しく(それでもまろやかに)批判されています。


吉岡氏の立場からすると、特定の政党(または〔このブログを書いた時点で〕次回選挙で対立となる〔かもしれない〕立候補者)を直接批判することは、それほど効果的なことではないし、何よりも政治家としての矜持(きょうじ)・・・のようなものとして、それは許さなかったのでしょう。

  

しかし吉岡氏の指摘は重要な指摘です。

 

私なりに要約しますと、

特定の団体のマイナーキャンペーンを執拗に張り、それで人気・注目を集めようとする方策は公の政治団体としてどうなのか?そこまでは断言できないが、ヘイト団体と同じ手法とも言えるのではないか?(…と、いうようなものだと私は解釈しました。)

氏の指摘どおり、NHKを犯罪者集団というレッテルをはり、犯罪者に対しては何をしてもいい(それも、おかしなことですが)という理屈で、同元副代表のいたずら電話(としか思えない迷惑電話)などに象徴されるような業務妨害行為を同党代表を中心に繰り返しています。

さらに、それが私などにはユーチューブの動画再生数かせぎ(人気かせぎ)のためのものしか思えません。

 

どちらにせよ、この切り口からの分析・批判を強めてくれる人がもっと出てきてくれたらというのが、私の切に願うところであります。

 

吉岡さんのブログはこちらをクリック


「井上 靜」さん

 

少し前ですが、「NHKから国民を守る党の非常識」というブログを書かれました。1年以上前に書かれたブログですが、先を見越した含蓄(がんちく)ある内容になっています。

 

井上さんのブログは、こちらをクリック

「高比良 正明(たかひら まさあき)」さん

立花氏がNHKに対して起こした裁判、同党の議員の活動状況などについて、まとめられています。

高比良さんのブログは、こちらをクリック



その他の注目ブログ

「NHKから国民を守る党」躍進に関する雑感

地方統一選により議席を大幅に伸ばした直後に出てきたブログです。

するどく、そしてわかりやすく分析されています。

おそらく、この記事の分析のとおりですし、ここで予想されているようになっていくでしょう

「立花孝志、NHKから国民を守る党をあなたはどう思いますか?」という問いに対する一つの解答

ユーチューブのコメント欄に合ったコメントを、もとにしたページのようです。

N国党や同党代表の問題点がよくまとまっています。


「非正規労働者が能書きをたれてやる」さん

2018年12月21日公開(わりと最近ですね)。

 

おもしろいのは、ちだいさんとのからみ(私とは、ちょっと解釈が違いますが…)や、横山(くぼた)氏との関連も指摘していることです。(ここでは紹介できませんが、氏のブログをたどっていけばみられます。)

 

こちらのブログはここをクリック


アメーバ ブログから

すみません。どれが名前を指しているかなど、わかりません。

ブログ「粛清対象?NHKから国民を守る党・渋谷区議!」は こちらをクリック

 

どちらかというと、N国党の活動に好感を持っている方かもしれませんが、その鋭い分析が、本当におもしろいです。

 

他にも選挙結果の分析などの記事もありますが、こちらもおすすめです。



これらは、ほんの一部です。

 

広告をべったり張り付けてむやみに立花批判だけをしているものや、他の問題に結びつけようとする要素が強いものは、私「管理人」の判断でやめておきます。

 

もちろん、私一人では追いきれないのでよいブログ等あったら、下のコメント欄から、ぜひ、紹介してください。 

 

はじめて、N国党のことを調べようと思った人がみるのは、まだまだユーチューブではなくHP検索です。

判断基準として、様々な立場からのものがあったほうがいいですよね。



ユーチューブ・チャンネル

立花氏が強いのはユーチューブですので、こちらでもっといろいろな人が出てきてくれたらいいと思います。

(こちらも画像やアンダーライン部分をクリックしてもらえれば、関連ページに移動します。)


まずは、迷わずこの人からです。

「KTSY」さん   『謎のK』シリーズ

コミカルにわかりやすい編集、

 

それでいて、鋭(するど)い指摘が満載(まんさい)です。

今は、ユーチューブからの意見発信を控(ひか)えているようですが、私としては、もっとこっちからもガンガン行ってほしいところです。

 

KTSYさんのチャンネルは、こちら


代表的な動画も、ここでいくつか紹介しておきます。

例の6月6日の松戸事件に関する分析動画です。

大橋昌信・朝霞市議の特に問題ある行動が、紹介されています。

その問題とは、自分が大袈裟氏に先に危害を加えられたようにパントマイムし捏造(ねつぞう)しようとしたことにあります。

その後、その問題ある行動をカメラに収められたちだい氏に、執拗(しつよう)な敵意を持つ背景がうかがえる動画です。


N国党側が妨害者と言っている「熊さん」ですが、実は立花を中心とするN国側がユーチューブ再生数をあげるために「あおっている」のではないか?と思わせる内容です。

 

その後、立花氏は「熊さん」相手に裁判を起こし、自分から取り下げました。



「立花孝志(にせもの)」さん

立花孝志の名前のアカウントですが、にせものです。

特に意見発信はせず、ユーチューブ・バン後に過去の立花孝志氏の動画をばっすいしてあげています。

 

ここにのせるかどうかは、迷いましたが、そのばっすいのしかたから、何かをつかんでいるのではないか?と思いここに紹介します。

 

立花孝志(にせもの)のチャンネルは、こちら



 

客観的に結果だけ伝えておきますと、立花氏は、この件で「起訴猶予」になっています。



昭恵夫人と意気投合した立花孝志氏が菅野完氏に電話。差別助長で厳しく注意される動画(削除済のもの)

もともとは立花氏があげ、すぐ削除したものです。

 

すぐに多くの方が、複製しユーチューブ上にあげました(けっこう無くなってますが、これからも出てくるでしょう。)

 

「立花が菅野完に論破される動画」というタイトルをつける方が多かったですが、この方のタイトルの付け方が正しいような気もします。


森友問題に関してはこちらのブログも参考にどうぞ


こちらも、みておいていただくべきでしょう。



その他(番外編) きよねこ騒動

「きよねこ」というユーチューバーがいます。

いわゆる「もの申す系」ユーチューバーです。

 

彼は立花孝志氏に心酔(しんすい)していました。

 

立花氏が2018年6月にユーチューブ・バンになったとき、もっとも積極的に立花氏の新しいユーチューブ・アカウントのURLを積極的に紹介していたのも、私が知る限りきよねこ氏です。
(立花氏が、ユーチューブのコメント欄もバンの対象になり得る可能性を心配し警戒を強(し)いられていたときに、「その心配はない」と実証的な証拠をもって示したのもきよねこ氏です。)

 

きよねこ氏はNHKから国民を守る党(N国党)のボランティア活動に参加したいと、ずっと思っていました。

 

それが、その顛末(てんまつ)です。

①NHKから国民を守る党:立花孝志さん達に初めて会いました。チラシ配りボランティア参加感想(4分27秒)

きよねこ氏が、念願だったN国党のボランティア活動に初めて参加。

「参加前」にこれから参加します、という意気込みと、「参加後」の感想を述べています。


私はN国党に反感を持っている立場ですが、この動画をみたときの感想は、それほど楽しかったのならそれはそれでいいのだろう、というものでした。

 

この動画で特に注目すべきところは、きよねこ氏がN国党のボラティア活動そのもののは流していないということです。

 

おそらく、ボランティア活動に純粋に参加するため、一切、撮影すらしていないでしょう。

 

②【中村典子/当選】私がNHKから国民を守る党のボランティアに行かなくなった理由(6分21秒)

いたって、まともな批判です。

 

どのくらい、まともかというと、この選挙で市議の当選した同党市議も、この動画に対し、すぐに、

 


「こういう批判に対しても、真摯(しんし)に受け止めなければいけませんね。」という旨のツイートをあげていました(ごめんなさい。正確な文面は覚えていません。スクショしておけばよかったです。)。
このツイートを受けて、同党の重鎮とされる方も「そうですね。」という旨のコメ返をされていました(これもスクショしておけばよかったです)。

これらは、選挙結果が出た当日(正確には日付が変わって翌日)の話です。

 

翌日(二日後だったかもしれません)、同党、党首(代表)のあげた動画がこちらです。

③松戸市議会議員選挙に関裕一さんを公認した理由と今後について(21分13秒)

こちらをみるなら、必ず①をみてからご覧ください。

 

私から補足することはありません。

どう感じるかは、みなさんしだいです。

 

できれば、みないことを、おすすめします。


④ きよねこ氏の反論動画

③に対するきよねこ氏の反論です。よくまとめられているので、こちらも参考にどうぞ。



当サイトの役割分担のようなもの・・・としましては、

特にブログのようなじっくりと文章を読まなければいけないもの・・・などのメディアは積極的に紹介させてもらいたいです。ぜひ、情報提供をお願いします。

 

また、わかりやすいユーチューブ動画などは、それはそれでそっちも同じくらい大歓迎なので、ぜひ、情報提供お願いします。

 

コメント: 3
  • #3

    (火曜日, 17 9月 2019 05:59)

    >私個人としては、そこまででもないです。

    は?どういうこと?あなたネトウヨですか?議員に対して射殺しろなんていうキチガイ女が当選して言い訳ないだろ。ふざけんなゴキブリ

  • #2

    謎の管理人 (金曜日, 12 4月 2019 12:25)

    to きよねこ さん
    了解しました。ご本人でしょうか?
    勝手にこのようなものをまとめてずうずうしいかもしれませんが、お目にしていただきうれしいです。

  • #1

    きよねこ (金曜日, 12 4月 2019 09:17)

    その後の私の反論動画もぜひあげてもらいたいです。